時給1,500円!在宅勤務(在宅ワーク)主婦の生活実態ブログ

やってみたら最高すぎた在宅勤務ライフ。フリーランスではなく会社に直接雇用されて働いています。良いことも悪いことも日々の生活を通して書いていきたいと思います。

若見え・アンチエイジング

1年間紫外線を徹底的に避けた結果!美容効果が想像以上だった!(シミシワ肌質改善)

投稿日:2018年12月5日 更新日:

30超えた私ですが、旦那の同期の奥様方は若い方が非常に多いです。
20代中盤が多いのですが大学卒業直後に結婚した子までいます。私が一番年上です。
やはり私も女ですから集団で一人だけ老けてるのも嫌ですし、限界はあろうともアンチエイジングや若見えは頑張っているのです。

さらに近所には同期の奥様方だけではなく職場関係の人がゴロゴロいるのでちょっと買い物に出るだけでも誰かに会うつもりで出なければいけません。
バッチリメイクまではしませんが、最低限の清潔感は出しておきたいところです。



ということで美容には独身の時以上に気を遣っている私ですが、在宅勤務で紫外線を大幅に避けれるようになってから肌の調子が変わりました!
今回はそのことについて書いてみようと思います。

在宅勤務(バイト)で紫外線を徹底的に避けた結果、美容効果が想像以上でした!

シミ・シワが薄くなった

在宅でバイトを始めてから早1年。

大量にあったシミシワが薄くなった!(気がする)
私の気のせいかなと思っていたのですが、実家に帰った時に両親にも言われたので気のせいじゃないと信じています。
特に目のたるみですね。
たるんできた部分のせいでたまに目を開けると片方だけ二重が三重になってたり「あ、若いころと違う・・・」と思うことがしばしばありました。
ずっと気になっていたんですがこれがすごくマシになりました。
最近は三重にはほとんどならないです。

通勤で働いている時は毎朝自転車で駅まで行って、電車に乗り、そこから歩いて会社まで行っていました。
会社も窓際の席の方だと奥の方の席の人の何倍も強い紫外線を浴びることになります。
通勤時間の往復と社内だけで毎日結構な紫外線に当たっていますね。
真夏なんかはこの往復だけでも結構焼けますし、冬も紫外線はしっかり降り注いでいますからね。

もちろん日焼け止めは塗っていましたが100%紫外線をカットできる商品は存在しません。

そんな商品もしあったら皮膚が呼吸できなくなるので大変危険です。

塗る日焼け止めだけじゃ物足りない!という方にはやっぱり飲む日焼け止めですよね。
飲む日焼け止めと塗る日焼け止めのダブル使いがすごく良いらしいですが妊活中の私は念のため手を出しておりません。
飲む日焼け止めなら頭皮など塗れない部分にも効くのでUVカット率が格段に上がるようですよ!

とはいえ毎日塗る日焼け止めと飲む日焼け止めのダブル使いなんて金銭的にも時間的にもやってられないですよね

しかし在宅で働くなら話は別です。
日中に外に出なくても良いわけですから真夏でもキツイ日焼け止めも塗る必要すらありません。

私の場合、特に真夏は日中はなるべく外に出ませんでした。
在宅でバイトをしていると近所にも言ってあるので外に出ることが少なくても怪しまれません。
夕飯の買いものは薄暗くなってからですし、ごみ捨ては朝旦那がやってくれるし、洗濯物は風呂場乾燥機で。
時にはネットスーパーで玄関まで荷物を持ってきてもらうこともありますし、電話受付という業種柄、窓も雨戸も締め切って防音カーテンでバリアしているので業務をする部屋には紫外線は入ってきません。
全く紫外線を浴びないのも良くないとのことですから、週に何回かは意識的に薄暗い夕方には日焼け止めを塗って買い物なりフィットネスジムなり外に出てはいました。

最近50代60代の女性って一昔前なら考えられないくらいキレイじゃないですか。
それって食べ物や化粧品などの進化ももちろんありますが、紫外線のカットを意識的にしだしたからとも言われています。
紫外線の多い地域と少ない地域の女性を比べてもシワの数が全く違うらしいです。
今の50代とか60代の女性って若いころは紫外線が美容に悪いなんて誰も教えてくれなかった世代だと思うのですが、それでもこれだけ若々しくいられているのですから気付いた時からでも遅くはないということです!

そしてそして、紫外線の対策が早ければ早いほど、力を入れれば入れるほど、何十年か後に違いが出てくると思うんですよね。
冬ももちろん紫外線は降り注いでいますが、5月から9月までの紫外線量はそれはそれは膨大です。
この期間だけでも紫外線から身を遠ざけられるのは非常に大きいです。
やはりアラサーともなってくると夏が終わる秋冬ごろに一気に紫外線の影響が出てきたりしますからね。
それが何年も積み重なると考えると…恐ろしいです。

今年ももう真夏が終わり飽きも終わり年末となりましたが、今のところ新しいシミシワは目視では見つけられませんね。
その上薄くなってる気さえするのですから上出来です。

 

刺激の高い日焼け止めや化粧をしないので、肌への負担が少ない

もう一つ良かったのが毎日UV効果の高い日焼け止めや化粧をしなくていいこと。
UV効果を求めれば求めるほど当然肌への負担は増しますし、シミシワを隠そうと思うと下地やファンデーションはしっかりと付けないといけないし。
どんなに肌に良いと謳っている商品でもノーダメージは無理です。

しかし在宅ならずっと家の中ですから、効果の強い日焼け止めも化粧品も必要ありません。
リビングやキッチンなど家の中にも紫外線は降り注ぎますから軽い日焼け止めは塗りますが、仕事部屋にしている所は防音のために雨戸も防音カーテンも閉め切っているので紫外線も入ってきません。
化粧は全くしませんね。皮膚を引っ張りながらのアイラインもしないしクレンジングもゴシゴシしません。
肌への負担が減ったため土日の化粧ノリが変わったのも嬉しいです。
日焼け止めや化粧品の消費量も爆発的に減ったのでお財布にも嬉しいですね。

加湿器や顔トレーニング、ストレッチなど人目を気にせずにできる

紫外線からズレてしまいますが、会社では人目を気にしてできない顔トレーニングやストレッチも自由にできます。
加湿器も会社だとお伺いを立てたりしなきゃいけないですし、あまりにモクモクしてるのも目立つし、広い部屋で出入りも激しいと加湿器の効果も微妙だし…ですよね。

乾燥した部屋で顔トレーニングなんてやったらシワを増長させてしまいます。
冬は湿度計を常備し、シャープの空気清浄機の加湿機能を使ったり、あまりにも乾燥がひどい時は加湿器との2台使いやバスタオルを部屋干ししたりなどしています。

顔トレーニングは電話の最中に保留になっている時にすると決めています。
お客さんが書類を探しに行ったりするので毎日何度か保留待ちすることがあるんです。なので1日結構な時間トレーニングできていますよ。
会社では絶対にできません。そんなのやったら「変な人」「痛い人」確定です。

-若見え・アンチエイジング

執筆者: